cocos2d-x(Android Stuido)リリースビルド

まずはキーストアを作成する。
jdkに付属のkeytoolでコマンドラインから作成。

keytool -genkey -v -keystore c:\work\keystore -alias mykeystore -validity 10000
  • keystoreは任意の場所と名前を指定
  • aliasの名称は任意で。
  • validityは10000以上推奨。

いろいろ聞かれるので素直?に入れる。
パスワード等ひととおり入力が終わると確認を求められるので「y」を押す。
つづいて鍵のパスワードを入力が求められる。Enter。


次にプロジェクトフォルダに移動してリリース用のapkファイルを作成。

cocos run -p android --android-studio -m release

keystoreの場所を求められるので先ほど生成したkeystoreを指定する。
さらにkeystore作成時のパスワードを入力。
問題なければプロジェクトのbin/releaseの中にapkファイルが生成される。


実行して確認するのではなくコンパイルするだけなら「run」を「compile」に置き換えて、

cocos compile -p android --android-studio -m release


※キーストアはアップデート時に同じものが必要なので削除しないこと。